エステ業界への転職に踏み切れないなら~向いている人か確認~

転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている 転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている

「人を美しくしたい…」エステティシャンに向いている人の条件

どの職種にも、その職に向いている人と向いていない人というのが存在します。努力や慣れでカバーできる部分もありますが、転職を検討している人からすれば事前に知っておきたいことの1つでしょう。そこで、エステティシャンに向いている人の特徴を紹介します。

美容も人も好き!という人にピッタリのお仕事

エステティシャンに憧れて転職を考える人の多くが美容に感心を持っています。エステティシャンとして働いていくには最新の美容情報に詳しい必要があるので、そうした要素ももちろん必要です。しかし、自分がきれいになることにしか興味がないと続けるのは難しいでしょう。エステティシャンに向いている人は、自分だけではなく他人を美しくすることも好きだという人です。相手の悩みをきちんと汲み取って丁寧な対応をすることができます。

自分に合った職種だと改めて実感した人の声

研修期間を経て初めてついたお客様に…(30代/女性)

もともとエステに通うのが好きだったのですが、「私も人を美しくしたい」という気持ちを捨てきれずにエステティシャンへ転職しました。地元のエステサロンで研修に励み、初めてのお客さんの施術をしたとき「とても気持ちよかった」と言ってもらえて感動しました。エステティシャンに転職して良かったです。

力仕事でもあるエステティシャンのお仕事

エステティシャン

華やかな印象を持たれるエステティシャンですが、仕事は意外にもハードなことが多いです。施術中は立ちっぱなしになることが多く、全身を使った力仕事のような施術もあります。その他、予約が詰まっていて忙しいときにはほとんど休憩も取れず、残業を行なうこともあります。そのため、重労働に耐えられる体力があるとエステティシャンに向いている人だといえます。

TOPボタン