身につけたい面接テクニック~エステ業界への転職で有利に~

転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている 転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている

エステ業界への転職時に使える面接テクニック

エステ業界への転職で面接を受ける場合、質問に答える内容の他にも大切なテクニックがあります。テクニックを取り入れて、面接で有利になりましょう。

テクニックレベル1:スムーズな会話を心がけるための方法

ネガティブ要素は取り除く!
面接を受けるときには、なるべくネガティブな話題は避けるようにしましょう。いかにエステ業界に転職したいかを伝えるためであっても、前の職場をけなすような内容はNGです。また、自分の欠点を強く伝えるのも避けてください。
抑揚を付ける&笑顔を忘れない!
抑揚を付けて笑顔で話すと、自信があり頼もしく見えます。もしも面接で不安に思っているときでも、こうした態度を心がけることで場の雰囲気も和やかになります。笑顔が苦手な人や軽く見えてしまうという人は堂々とした笑顔を練習しましょう。

テクニックレベル2:面接先の店舗に合わせるための方法

エステ店の雰囲気に合わせた格好で面接に臨む!
エステサロンは店舗によって雰囲気が異なります。その店舗に合った服装や髪型を意識して、その店舗に向いている人だとアピールしましょう。また、エステ業界に転職する場合はどの店舗でも共通して清潔感のある見た目が大切です。
自分とお店の相性の良さを伝える!
面接時には、転職した後この店舗に向いている人か、他のスタッフと相性が良いかということもチェックされています。予め受けたいエステサロンの情報を集めて、深く理解しておいてください。

伝えたいことを1つに絞るのも効果的

様々なジャンルの施術を行なう店舗もありますが、全部頑張ると伝えると印象がぼやけてしまうかもしれません。そこで特に力を入れている施術や、自分がやってみたい施術を1つに絞ってアピールすると熱意が伝わります。

TOPボタン