面接はエステ業界へ転職するときの鬼門~質問傾向を知る~

転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている 転職しようかなと思ったときが転機!エステ業界は転職者を待っている

転職の鬼門はやっぱり面接!質問の傾向をチェックしよう

未経験でも応募できるエステサロンの場合、重視されるのは面接の受け答えです。どういうことを聞かれるのか、事前に把握しておきましょう。

転職時、面接ではこれが聞かれる

転職理由
せっかく採用しても、すぐに辞められてしまうと困ります。そのため、転職理由を質問されることが多いです。転職理由を後ろ向きに取られてしまわないよう、やる気が伝わるような工夫をしましょう。
転職回数
複数回転職を行っている場合、何かあるとすぐに辞めるような人かと思われるかもしれません。転職回数は何回なのか、それぞれどんな理由だったのか聞かれるので、転職にはどんな意味があったのか、長く続けるつもりがあるのか伝えてください。
過去の職場での実績や成功体験
エステ業界以外の職種から転職する場合でも、過去の実績は今後この職場でどんな活躍ができるのか、仕事に対する姿勢などを伝えることができます。どんな工夫をしてどうなったのか、新しい職場でも活躍することができ、向いている人だとアピールしましょう。

エステ業界への転職時の面接でよくある質問

この店舗を選んだ理由
エステ業界に転職する場合は、エステティシャンになりたい理由だけではなく、その店舗ならではの良さや他の店舗ではできないことをやりたいという意志を伝える必要があります。事前にその店舗について詳しく調べておきましょう。
専門学校で勉強したかどうか
エステティシャンになるために必要な国家資格というものはありませんが、施術には知識や技術が必要です。未経験で転職できるサロンでも、専門学校に通っていた人だと即戦力になるため喜ばれます。学校に通っていないという人はなるべく自分で勉強して、美容に関心があることをアピールしてください。

明るく正直に答えることが大事

面接時によく聞かれる質問を把握し、転職にネガティブな印象を持たれないようしっかりアピールしましょう。また、接客業なので明るくハキハキと答えることも大事です。

TOPボタン